スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オレ」ではなく名前を(産経新聞)

【from Editor】

 それは平日の朝、午前8時半ごろだった。自宅の電話が鳴り、妻が受話器を取る。横でやりとりを聞いていると、昨年就職し、今は名古屋に勤務している長男(23)からのようだが、どうも様子がおかしい。妻が何度も長男の愛称を呼びかけて、確認している。そのうちに妻の口から「なんか声が変ね」「えっ、風邪をひいたの?」といった言葉が出はじめた。これはまずい、と思った。

 「オレオレ(振り込め)詐欺だよ」。妻の耳元でささやくと、妻は驚いた様子で電話を切った。改めて長男に電話で確認すると、やはりそうだった。

 振り込め詐欺の電話がかかってきたのは、もちろん、初めてだ。妻は「まったく気付かなかった」という。「すっかり本人と思い込んで、名古屋まで行かなくちゃいけないかな、などと考えながら話していた」と反省しきり。

 対策は十分なはずだった。いたずら電話対策として、自宅の固定電話は相手の電話番号が非通知のときはつながらないように設定し、さらに、家族の携帯電話番号を登録し、着信音も変えている。そして、“犯人”からの電話は「家族以外」を示す呼び出し音だった。にもかかわらず、こんなにあっさりとだまされそうになるなんて。

 警察庁が昨年2~4月、振り込め詐欺の被害者1937人に行ったアンケートで、6割が事件前には被害に遭わない自信があったと回答している。犯人からの電話が偽の可能性を感じながらも送金した人が3割。中には「本当に子供が助けを求めているのかもしれず、断って後悔したくなかった」と話す人もいたという。

 防犯担当刑事に「なぜ、『オレオレ』の声を自分の子供や孫だと思い込んでしまうのか」と聞いたことがある。刑事は「親にとって、子供はいくつになっても子供。かわいいもんだ」。

 そうかもしれない。ただ、実際に息子たちが「あ、オレ」と言って電話をかけてくることが多いのではないか。自分の名を言うのが気恥ずかしいのか、希薄化する親子関係の表れなのか。そんな大層な理由があるわけではなく、単なる気安さからかもしれない。

 でも、親に電話するときは、やはり「オレ」ではなく、名前を言うようにしてみよう。「振り込め詐欺」防止の意味だけではない。そのとき、ほんの少し、親が自分の名前に込めた思いを考えてみるだけで、温かい気持ちになるはずだ。(文化部次長 田中夕介)

【関連記事】
「俺」「鬱」など196字OK 改定常用漢字表を答申
「淫」「彙」どう教えたら… 常用漢字見直しに教育現場困惑
「妥協の産物」と現実
技術の進化に負けぬもの
顔写真の“背景色”にもルールがあります
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<人事>東京ヘレン・ケラー協会(毎日新聞)
<温暖化対策>基本法案廃案へ 環境相など落胆の声(毎日新聞)
大阪-東京個室の旅~寝台特急「サンライズ」の実力(産経新聞)
<人事>検事総長に大林氏(毎日新聞)
宮城県警、廃品業者を家宅捜索=回収で高額請求、消費者庁も立ち入り(時事通信)
スポンサーサイト

関空への補給金凍結を解除=伊丹との統合など条件に―財務省(時事通信)

 財務省の大串博志政務官は3日、1兆円超の負債を抱える関西国際空港に対して国が支出する補給金について、2010年度予算に計上されている75億円の執行を認めると発表した。昨年行われた政府の行政刷新会議による事業仕分けで「抜本的な解決策が得られるまで凍結」と判定されたが、国土交通省から経営改善策が示されたことを受けた。
 国交省案では、近接する大阪国際(伊丹)空港を株式会社化して関空会社と経営統合し、両空港の運営権を民間企業に売却してその利益を関空の債務圧縮に充てるとしている。 

【関連ニュース】
小沢氏の動向焦点=後継選び、駆け引き活発化
菅氏が出馬表明=4日に民主代表選
代表選、菅氏を支援=枝野氏
次の首相、誰がいい?=「誰もいない」も
鳩山政権、経済運営は「落第点」=エコノミスト7人に聞く

雲仙・普賢岳 大火砕流19年、慰霊の祈り 長崎・島原(毎日新聞)
<アユ>多摩川産「江戸の味」復活 川崎(毎日新聞)
愛子さま 少しずつ元気に 雅子さま終始付き添い(毎日新聞)
<夫婦別姓>今国会提出求め議員ら集会 (毎日新聞)
<韓国艦沈没>北への資金移動監視強化へ 日本が追加制裁(毎日新聞)

<青木ケ原樹海>09年、自殺者減少 発見・保護数は増える(毎日新聞)

 山梨県富士吉田署は26日、青木ケ原樹海での09年の自殺者は45人だったと公表した。08年より19人減った。一方、自殺を図ろうとした人の09年の発見・保護件数は195件で、08年より34件増えた。同日、富士吉田市であった会議で資料を提出した。

 会議は、樹海での自殺防止対策を進める「いのちをつなぐ青木ケ原ネットワーク会議」(座長、渡辺凱保・富士河口湖町長)。08年6月に発足し、事務局の県のほか、富士吉田市、富士河口湖町、鳴沢村、消防協会富士五湖支部、鳴沢・富士河口湖恩賜県有財産保護組合など約20団体が参加している。

 会議によると、09年の同樹海での行方不明者捜索回数は延べ32回、参加消防団員は延べ412人、警察官は延べ151人。会議設置前の07年と比べ、09年は自殺者数は19人減り、保護件数は69件増えている。【福沢光一】

【from Editor】企業と読者のナビ役に(産経新聞)
警部補が酒気帯びで覆面パト運転 警視庁(産経新聞)
「初動に遅れ」自民が農相不信任決議案提出へ(読売新聞)
宮崎・口蹄疫 えびの市沈静化か(産経新聞)
哨戒艦事件 政府、対北追加制裁検討など確認(産経新聞)

失敗から何を学ぶか…新しい「鳩山論」の時期が来た(産経新聞)

 ある女性が妻に電話で言った。「政権も始まったばっかりだからと思って我慢してきたけど、もう我慢できないわ」。突き放すように鳩山由紀夫首相を切り捨てるその言い方に、妻も驚いたという。

 昨年8月30日の衆院選での「政権交代」。この価値を強く感じていた有権者たちも、ついに「さじを投げた」。

 米タイム誌が5月10日付の特別号で発表した「世界で最も影響力のある100人」に、鳩山首相が選ばれたニュースも悲しく響く。

 民主党が掲げる「政治の主導」などは達成できていないが、「事実上、一党支配だった国から民主主義が機能する国に変えたことは、ほめる理由として十分だ」とタイム誌。だが、これも同誌が用意した「花道」と読むことができる。

 「鳩山論」は新しいフェーズに入った。

 これまでは「鳩山はどうすべきか」という議論をしてきたが、これは、もう必要なくなった。

 新しい「鳩山論」は、「鳩山の失敗から何を学ぶか」だ。

 最大のものが、鳩山首相が去ったあと、米軍普天間飛行場の移設問題がどうなっているか、だ。

 話をここまでグチャグチャにした上で、途中で放り出されたら、民主党の後継政権にとっても、やっかいこの上ない。

 鳩山首相の残務は、これから1カ月間で、普天間問題で「次期首相に何を引き継ぐか」に絞られている。

 鳩山首相に残された道は、現在持っている腹案(?)で、鹿児島と沖縄などで「土下座」して回ることしかないだろう。土下座を続けて、最後には、自らの進退と引き換えに、地元に飲んでもらう。

 おそらく、昔の普天間問題の経緯をみれば、最後に鳩山首相には「15年以内に別の場所に移すから、暫定案として受け入れてくれ」という言い方をする以外に残されていないだろう。

 なんとか、せめて、そこまではたどりついてもらいたいものだ。

 さて、「新しい鳩山論」である。

 暫定案であっても、鳩山首相が普天間問題に区切りをつけて退陣した場合には、次期首相は「足場を固める」必要がある。

 次の首相は、冒頭の女性の言葉をかみしめてほしい。これは2つの意味がある。鳩山首相はダメだというのは表の意味だが、本当の彼女の気持ちは「ある程度は、待ってあげたい気持ちはあったのに」ということだ。

 新政権とマスコミの関係が良好なのは、政権発足から100日間のハネムーン期間だけと米国ではいうが、日本の有権者はもう少し優しい。半年やそれ以上でも待ってくれるだろう。

 次期首相は、鳩山政権から仕切り直しをする。だが、そこから一気に支持率を回復しようと、あれこれ言ってはダメだ。これもやります、あれもやりますでは、鳩山首相の二の舞になる。

 この意味で、次期首相にもっとも近いと言われる菅直人副総理・財務相は、少なくとも鳩山首相の後継の首相には「不適任」だと思う。先のことをあれこれ、早めに言い過ぎるからだ。

 鳩山首相の教訓のもう一つ重要なのは、内閣の調整機能を再構築する方法だ。調整できる人材を、中心にしっかり配置することだ。政府内の調整力の欠如は目に余る。政務秘書官や官房長官、官房副長官、党幹事長人事は大切だ。身内で押さえようとするのではなく、政権の意味と、なすべきことをしっかり説明して、相互に調整し、連絡し合う政権の基本的な態勢を作り上げる必要がある。

 「それぐらいのことは忖度(そんたく)しろ」という態勢が、今の民主党政権で機能しないことは明らかだ。しっかり説明して話し合い、方針を決めて、指示をする態勢が必要なことは明白だ。

 鳩山首相自身の言葉のように、民主党政権がある種、革命的なことをやろうとしているのは事実だ。だからこそ運営には、細心の注意が必要だ。

 実は、次期首相と、次期内閣の面々に残された時間は少ない。

 頭を低くして、政権批判の暴風雨をやり過ごそうとしたり、「私は自分の責務を淡々とこなします」と省庁業務に没入するのではなく、「新しい鳩山論」、つまり、鳩山政権の教訓をしっかり整理する時期に入ったということを肝に銘じるべきだろう。(金子聡)

【関連記事】
「鳩山首相の県外移設約束は軽率」 たちあがれの平沼氏が批判
首相、普天間問題で官房長官と対応協議
県内移設表明の評価避ける 米国務次官補
糸口すらみつからない…解けぬ「友愛数」の呪縛
首相沖縄訪問 もはや現行計画しかない
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

日医連、民主候補の安藤氏推薦を決定(医療介護CBニュース)
普天間移設決着「5月末は変えない」 鳩山首相が強調(産経新聞)
「次女の看病の心地よさ」から犯行へ 点滴混入事件(産経新聞)
【ゆうゆうLife】病と生きる 女優・高樹澪さん(50)(産経新聞)
元大和郡山市議、無罪確定へ=融資詐欺、控訴断念-奈良地検(時事通信)

放鳥トキ、新たに産卵か 別のペアは今週末にもひな誕生(産経新聞)

 環境省は20日、新潟県佐渡市で放鳥されたトキのつがい1組が新たに産卵している可能性が高いと発表した。これまでにこの1組を含め3組が巣作りをしている。別の1組は卵が確認されており、この週末にひなが誕生する可能性がある。

 新たに抱卵しているとみられるのは3歳の雄と1歳の雌。ただ、約250メートル離れた場所から観察しているため、卵は確認されていない。

 抱卵していた別のペアは4個の卵を産んでいるとみられ、早ければ24日にもひなが誕生するという。

【関連記事】
愛のキス トキ、さらに1組擬交尾
放鳥トキが初の産卵か 佐渡、ひな誕生へ期待
佐渡で産卵のトキ 抱卵を中断
順化ケージ内でテン1匹捕獲 トキ9羽襲撃か
鳥のミイラ、2千年前のトキと判明 京都大総合博物館

日米関係悪化を懸念 鳩山政権に不満も(産経新聞)
首相元秘書に禁固2年、執行猶予3年の判決(読売新聞)
橋下“維新の会”自殺行為か新たな自治か…重い一石(産経新聞)
学級崩壊リポートつるし上げ「ショックで通院」(読売新聞)
住宅トラブル 未然の防止策 「大丈夫」繰り返すメーカーは要注意(産経新聞)
プロフィール

いのまたさだおさん

Author:いのまたさだおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。